小型船舶免許の取り方

20トン以下の船を操船するためには、専用免許である小型船舶免許が必要です。小型船舶免許には、一級小型船舶操縦士免許や二級小型船舶操縦士免許や特殊小型船舶操縦士免許などといった種類があります。これらの免許は、操船場所や陸岸からの距離などによって区分けされていますので、自分の目的に合った免許を選ぶ必要があります。これらの小型船舶免許の取得方法が分からなくて、悩んでいる方もいるかもしれません。

取得方法は、非常にシンプルです。国家試験を受けて合格し、免許証の交付を受けるだけです。免許証の交付は、国土交通省の運輸局等に申請します。小型船舶免許の国家試験は、実技試験や学科試験があります。

実技試験では、小型船舶の取扱い方法などの基本操縦や応用操縦が問われます。総合で70パーセント以上の特典を取得しなければなりません。ちなみに、二級小型船舶操縦士免許の保有者が一級小型船舶操縦士免許を受験する際には、実技試験のみが免除となります。学科試験では、小型船舶操縦者の心得及び遵守事項のほかに、交通の方法や運航に関する問題が出題されます。

一級小型船舶操縦士免許は出題範囲がさらに広くなり、上級運航に関する知識が問われます。小型船舶免許は、決して簡単な試験ではありませんので、しっかりと勉強しておかなくてはなりません。独学に限界を感じているという方は、専門スクールへ通って学科講習や実技講習を受けてみると位でしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です