小型船舶免許の種類とは

自分で船舶を操縦してみたいと思ったら、小型船舶免許の取得が必要です。小型船舶免許とひとくちに言っても、実は複数の種類があり、自分の用途や目的に応じた資格を取得しなければなりません。まずは自分にとって必要な免許の種類を確認してみましょう。船舶免許には4つの種類があります。

1級、2級小型船舶免許、特殊小型免許、湖川小出力限定免許です。それぞれ操縦できる船の種類や大きさ、航行区域が異なります。自分が操縦したいと考えている船に適した免許を取得しなければ意味がないため、注意が必要です。全ての海域を運航したい、と考えている人は1級の免許を取得しましょう。

この免許を取得すると、外洋でも釣りを楽しむことができます。海岸から9キロメートル以内の航行が可能となるのは、2級の船舶免許です。この区分は船舶免許の中でも最も一般的とされていて、海の普通免許とも呼ばれています。総重量20トン未満のボートと、用途が限定された長さ24メートル未満のボート操縦することができます。

近場でも釣りを楽しみたいという人には最適の免許でしょう。特殊小型船舶免許を取得すれば、水上バイクを操縦することが可能となります。1級や2級の免許を取得していても、この資格がなければ水上バイクを操縦することができないため、注意が必要です。各種免許は独学でも取得が可能ですが、専門のスクールに通うことでよりスムーズに小型船舶免許を取得することができるでしょう。

小型船舶免許のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です