小型船舶免許の種類と取得方法

小型船舶免許の正式名称は、小型船舶操縦士免許です。この小型船舶操縦士免許は、エンジン付きのボートやヨット、水上オートバイなどを操船するために必要となる資格です。年齢や身体条件などの受験資格を満たした上で、学科試験や実技試験に合格すると、小型船舶免許の交付を受けることができます。ちなみに、小型船舶免許は、一級小型船舶操縦士免許や二級小型船舶操縦士免許などの種類があります。

これらの免許は、20トン以内の船が操船可能な免許です。なお、二級小型船舶操縦士免許に関しては、湖川小出力限定免許もあります。こちらの小型船舶免許は、操船可能なエリアが川や湖および指定された区域に限定されます。そのほかに、水上オートバイを操船に必要な特殊小型船舶操縦士免許もあります。

このように、取得する小型船舶免許の種類によって、操船できる船の種類も異なりますので、自分の目的に合ったものを選ぶようにしてください。取得方法は、独学のほかに、免許スクールへ通うといった方法があります。この方法は、免許スクールで学科講習や実技講習などを受けてから、国家試験を受験するという流れになります。国土交通省に登録されている小型船舶教習所に入校するという方法もおすすめです。

この方法ならば、教習所内で学科や実技修了試験を受験できます。実技修了試験に合格すれば、国家試験の学科や実技が免除されるのです。すぐに免許を取得したい方におすすめの方法といえます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です