小型船舶免許を取りたいのですが

プレジャーボートと呼ばれる、大型バス2台分程の大きさの24m未満の船を操船する免許を小型船舶免許と言います。別名でボート免許とも言われ、正式名称は「小型船舶操縦士免許」です。満18歳で1級受験可能であり、2級以下は16歳になっていれば試験が受けられますので、小型船舶免許を海沿いの街等では高校生で持っているという様なケースも少なくありません。続いて小型船舶免許の種類に関してですが、免許は車の時と違って船を動かす海域と岸からの距離で分けられます。

(※海なので遭難リスクとの兼ね合いも)具体的には全ての海域OKな1級と5海里以内の2級免許、そして水上バイク等の特殊船舶免許があって、最後に湖川限定出力に抑えられた2級があると思って下さい。全体的な傾向としては、「海の一般免許」とも言われる2級を挑戦する人が多い傾向がある事等も面白いポイントと言えます。1級の方が全海域OKという事で、便利と思われがちですが、こっちは100海里を超えた航海等も主軸に入ってきますので、マリンレジャー愛好が目的という様な時には2級で十分間に合うという事も受験数の違いには関係している様です。試験の受け方に関しては、基本的に車やバイクと同じ段取で、教習所の過程をクリアした後で本番試験に挑戦するという2段構えになります。

ヤマハ等のメーカーが各地で募集していますので、合宿コースや実技試験本番免除コース等、自身が良いと思ったコースを探してみて下さい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です